ASTERISK WORKS

macのiPhone USBテザリング復旧

2015年9月19日
 
1144 views

 

普段仕事先でネットに繋ぐのに、macのUSB端子にiPhoneを繋げてUSBテザリングをしています。ところが先日iTunes12.3にアップデートした途端にUSB経由でのネット接続ができなくなってしまいました。iPhone側をiOS9にアップデートしても状況は変わりません。まぁUSB接続できなくてもWiFiやBluetooth経由でのテザリングは可能なのですが、何故か昔のアナログモデム並の転送速度になってしまい、全く仕事になりません。

 

 

…思い起こせば2年前にもこんな事がありました。
当時はiOS7とiTunes11.1リリース直後で、下記サイトを参考に破損したドライバーファイルをkextユーティリティで修復してました。

 

■ iTunes 11.1へアップデートしたらUSBテザリングができなくなった

 

mac版iTunesは大型アップデートの際にドライバー破損を起こすことが多いようです。次回からアップデートの前に必ずドライバーファイルのバックアップを取ることにします。

 

とりあえず今回は、ネットワーク環境設定画面左のインターフェース一覧から使えなくなった「iPhone USB」を削除して、ドライバーを再生成してから再度追加してみることにします。

 

 

 

tumblr_inline_nuxfe0YBcv1r53rlt_540

 

まず壊れてると思われるドライバーを削除します。

 

システム>ライブラリ>Extensions>AppleUsbEthernetHost.kext
をゴミ箱へ。

 

次にアプリケーションフォルダから一旦iTunesを削除して、webからダウンロードしたiTunesを再インストールしようとしたのですが。。。

 

 

 

tumblr_inline_nuxfl0xvgo1r53rlt_540

 

ありゃりゃ。YosemiteはiTunes削除できないんですね。

 

仕方なく上書き再インストールしてみたところ、無事に該当ドライバが新たに生成されました。音楽等のデータはそのまま無事なのでご安心を。

 

ところが。。

 

 

 

tumblr_inline_nuxfoos5Ve1r53rlt_540

 

ネットワーク環境設定画面左のインターフェース一覧下方の「+」を押して「iPhone USB」を追加しようとしても、選択肢に現れません!これは困った。

 

twitterでボヤいてみたところ、見知らぬ親切な御仁がアドバイスをくれました。

 

 

おお!古いドライバーそのまま使えばいいんだ!

 

 

 

tumblr_inline_nuxg48cdAk1r53rlt_540

 

早速TimeMachineで前回のバックアップから古いドライバーを拾ってきて、現在の場所に上書きします。先ほどの

システム>ライブラリ>Extensions>AppleUsbEthernetHost.kext
です。

すると…

 

 

 

tumblr_inline_nuxg4zZrew1r53rlt_540

 

ネットワーク環境設定画面のインターフェース一覧に追加せずとも勝手に「iPhone USB」が復活しました!しかもインジケーターが緑色!アクティブになっています!!生き返りました!!!

 

よかった〜(涙)
sbtkykさん、ありがとうございました!

 

 

広告                   
カテゴリー:mac, OS X Yosemite
タグ   :,