ASTERISK WORKS

初めての革床処理とスマートフォンホルダー製作

2014年9月5日
 
1393 views

 

革の裏側のザラザラの面は床面というそうです。これをそのままにしておくのも素朴で良いのですが、ボソボソしてゴミが出たり、顔料を塗ったところがトゲトゲしたりします。そこで一般的には床面処理剤というものを使って革の裏側をすべすべにします。トコノールとかCMCとかいろんな製品があります。

 

そんな中から今回は、革のお師匠お勧めで単価も安いCMCという処理剤を使ってみたいと思います。処理剤と言ってもカルメロースという食品にも使われている材料らしいです。

 

tumblr_inline_nctnykfMn01r53rlt

 

3g測って200ccの熱湯で溶くらしいです。

 

 

tumblr_inline_ncto0t9s1o1r53rlt

 

なんかめっちゃ、ダマになる!

 

 

tumblr_inline_ncxbtj7E9W1r53rlt

 

半日ほど寝かせるとのことなので、一晩ほっといたら綺麗にジェル状になりました。
tumblr_inline_ncto3thqXm1r53rlt

 

これを革の床面に塗ってガラス板でこするとツルツルになるとのことなので、試しに先日のIDケース製作時に余った革に塗ってみます。ガラス板がないのでコップの底で代用。

 

 

tumblr_inline_ncto6mo41K1r53rlt

 

左が処理済み、右が未処理。ボソボソしなくなりました。

 

 

tumblr_inline_nd0bt0ABAs1r53rlt

 

折角なので、CMCの実験に使った革でカミさんのスマホホルダーをこしらえてみました。鞄に電話をしまいこんで着信に気付いてくれないので、これを使って鞄の外にぶら下げてもらおうという作戦。

 

無事に喜んで使ってもらえるかな?

 

広告                   
カテゴリー:レザークラフト
タグ   :