ASTERISK WORKS

mac版とiOS版(iPhone版)iBooksが同期されない場合の対処法

2018年2月1日
 
1075 views



「書類はとりあえずPDF化してiPhoneに放り込んどく派」なのですが、最近macのiBooksにPDFを放り込んでも自動でiPhone上に現れてくれません。いちいちAirDropするのも面倒臭いのでmacの設定を見直してみました。

 

web検索してもなかなか有力情報がHitしなかったので、同様の症状でお困りの方は以下参考にどうぞ。

 

 

mac側iCloudDriveの設定確認

 

 

「システム環境設定」→「iCloud」の画面で、右ペイン「iCloud Drive」右側の「オプション…」をクリック。

 

 

 

「iBooks.app」を探して、チェックマークが入っているかを確認。入っていなければチェックを入れて「完了」をクリック。

 

 

 

これでmacのiBookに放り込んだPDFが、無事自動的に同期されてiPhoneのiBook上に現れるようになりました!

 

 

 

せっかく同期したiBooks上のPDFが消える?!

 

めでたくmacからお手軽に書類をiPhoneに放り込めるようになったのはいいのですが、暫く経つと同期した書類がiPhone上から何故か勝手に消されていることが時々あるので、この対処方法も探ってみました。

 

 

 

 

iPhone設定画面TOPの、自分の名前の部分をタップ。

 

 

 

 

 

「iCloud」をタップ。

 

 

 

 

 

iCloud設定画面を下にスクロールして・・・

 

 

 

 

 

iCloud Driveの下の「iBooks」のスイッチを一旦オフにして、もう一度オンに入れ直してみました。

 

その後しばらく様子を見ていますが、今のところPDFが勝手に消える症状は再発していません。

 

同様の症状でお悩みの方、お試しあれ。

 

 

 

 

広告