ASTERISK WORKS

初めてのバイカーズウォレット製作 その1

2015年1月1日
 
1923 views

 

正月休みの製作第2弾は、いきなりバイカーズウォレットに初挑戦です。
google先生に型紙を探してもらって↓ココでPDFをDLしてきました。

 

バイカーズロングウォレットの作り方

 

上記サイトに親切に作り方も解説されていたので参考にしつつ、素材が違うので少々アレンジしてみることにします。

 

 

tumblr_inline_nhs8thEPNd1r53rlt

 

今回使用したのはややツヤのある芯通し染めの牛オイルプルアップレザー。かなりブラックに近い焦茶ですが、折り曲げたところの色が薄くなって微かにシルバーっぽく輝く渋いメンズ向けな革です。札幌麻生商店で一目惚れして、初めて思い切って半裁で購入した物。

プリントした型紙はボール紙に貼って裁断し、材料の上に無駄が出ないように並べます。

 

 

 

tumblr_inline_nhs83wUO3C1r53rlt

 

ボール紙を定規にして銀ペンで印を付けて…

 

 

 

 

tumblr_inline_nhs8uqVMfN1r53rlt

 

柔らかめの素材なのでハサミで大まかに粗裁ちします。
切断面をぴったり揃えるため、革を貼りあわせた後にカッターで本裁ちする予定。

 

 

 

tumblr_inline_nhs9gyh4pd1r53rlt

 

今回の素材は床面が結構ボソボソなのでキチンと床面処理することにします。まずは接着予定部分に処理剤が付かないように端をテープでマスキング。

 

 

 

tumblr_inline_nhs9nyXkRR1r53rlt

 

トコノールを塗ってガラス板で数分間ゴシゴシこするとボソボソがこんなにピカピカスベスベになります。冬でも汗だく!

 

 

 

tumblr_inline_nhs9shHjAB1r53rlt

 

マスキングテープをはがすとこんな感じ。床面処理前後の違いがくっきりわかります。

 

 

 

tumblr_inline_nhsa15Phqa1r53rlt

 

ファスナーを縫いつけたら磨けなくなってしまう小銭入れ開口部のコバも最初に磨いておきます。
開口部の仕上げが終わったら一旦2つに折りたたんで、接合部の革を重ねた状態で端を切り揃えます。こうすることで接合後に切り口の形が合わずコバがガタガタになることを防ぎます。
ちなみに直線部はオルファの別裁ち、アール部分はオルファの黒刃カッター使用。

 

 

tumblr_inline_nhsa9qXABa1r53rlt

 

ファスナーの歯をニッパーで1つづつちぎって長さを調節し、端を専用金具でカシメます。カシメ金具が米粒くらいの大きさなので無くしそう!布部分の長さをハサミで切り揃えたら、ホツレないように端をライターで軽く炙って溶かします。ジャストサイズのファスナーが完成したら裏側からゴムのりで接着!

 

 

 

tumblr_inline_nhsajuDqei1r53rlt

 

裏返して確認してみると、ジャストサイズ。大丈夫そうです。

 

 

tumblr_inline_nhsao9S9rT1r53rlt

 

ファスナーの周りをぐるっとミシンで縫います。使用している糸はビニモMBTの5番。針はオルガンのナイフ針23番。

 

 

 

tumblr_inline_nhsjm6iSUK1r53rlt

 

ここで早めに刻印を入れておきます。

 

小銭入れの下ごしらえが終わったところで製作1日目終了。
ここまでで既に10時間ほど経過。
初めてで手探り中とはいえ、本物の職人だったら時間かかりすぎだって親方に怒られるトコロですね。

 

まだまだ先は長い!

 

続く

 

 

 

関連記事:

初めてのバイカーズウォレット製作 その2

初めてのバイカーズウォレット製作 その3

初めてのバイカーズウォレット製作 その4

広告                   
カテゴリー:レザークラフト
タグ   :